MENU
松本市の歯科医院は山岸歯科医院へ インプラント・歯周病・予防歯科
p02-main

小児歯科・予防歯科について

小児歯科

お子様はできれば歯医者に行きたくないと思います。
しかし、それは虫歯になってから初めて来院されるケースがほとんどであり、歯医者に対して良い印象を受けることができないためです。

そこで重要なことは、虫歯になってから来院されるのではなく、定期的に検診を受けお子様のお口を常に清潔な状態に保つことです。
仮に虫歯になってしまったとしても早期に短時間で治療も可能となります。

歯医者を嫌いにならないために

お子さんにとって白衣をみたり治療台に座らされることはとても嫌なことです。
ましてや大きな虫歯ができて痛くなってからの受診ではとても大変です。

【お子様が歯医者を嫌いにならないために】
●まずはお母さん、お父さんがリラックスしましょう!

●歯の生えたばかりの小さいうちから定期的に受診していただき、その環境に慣れる事で、歯科医院が嫌な場所ではないというイメージをお子さんに作っていただくことが大切です。

●虫歯ができても、無理して治療するのではなく、その段階でできる最善の処置を考え計画を立てていきます。

おうちでは毎日ちゃんと歯みがきしましょう!

おうちでも楽しく歯みがきをする事で、「歯を大切にする」習慣が身に付きます。
大きくなるにつれて、歯磨きをしておくことの大切さが当たり前のようになっていきます。 その為には、小さなお子様の場合は、親御さんが一緒になって楽しく歯磨きをすることや、仕上げ磨きもしっかり行うことが大切です。

  • しっかりしたブラッシング方法をマスターしましょう!
  • シーラントやフッ素塗布により虫歯になりにくい歯へ
p3-img02-img

歯医者さんを好きになりたい子は、いっしょに楽しく歯磨きの練習をしようね!

TEL 0263-32-1328

予防診療

「治療」から「予防」へ

歯医者は今までは「痛みがでれば行く」と思われている方が多かったですが、近年では「治療」から「予防」へと移行しています。
それは国が予防に取り組んだことにより、歯に対する意識レベルが上がったからです。
1人1人のお口の中の状況によっても異なりますが、 三ヶ月に一度はクリーニングを受けていただくことをオススメします。
※クリーニングとは、専門の機器を用いて行う歯のクリーニングのことです。

予防プログラム